車検を予約する時に知っておきたいこと

日本の法律では公道を走る車は2年に1度車検を受けることが義務付けられており、車検を受けなければ厳しい罰則があります。車検が受けられる場所は、ひと昔前まではディーラーか民間整備工場でしかありませんでしたが、最近ではディーラーや民間整備工場だけでなく、車検専門のフランチャイズ店やガソリンスタンド、カー用品店などさまざまな場所で受けることが可能です。また、今までの車検は車を2~3日預けて行うのが一般的でしたが、近頃は30分から1時間程度で車検が受けられるところも増えてきており、普段仕事で毎日車を使用する人にとっては大変ありがたいものです。しかし、どこで車検を受ける場合でも、事前に予約してからでないと車検が受けられないところがほとんどなため、愛車の車検を検討している場合は事前に予約を忘れないようにしましょう。

車検を予約する前に知っておきたいこと

法律でも義務付けられている車検は、車を運転する以上必ず行わなければなりませんが、意外といつまでに車検を行わなければならないのかわからないという人も少なくありません。車検期限の10日から1週間前後であれば問題ないと思われている人も多いですが、必ずしも希望通りの日程に車検の予約ができる場合は少なく、そのディーラーや整備工場の車検予約状況によっては車検期限ギリギリになってしまう場合も少なくありません。しかし、車検というのは車検期限までに車の点検を行うだけでなく、陸運局で更新手続きも完了させなければなりません。最近は、車検自体は1日で完了する場合も多いですが、更新手続きに時間がかかってしまう場合もあるので、ディーラーや整備工場などで車検の予約をする際にはある程度余裕をもって予約しておくことが大事です。

車検の予約をよりスムーズに行うには?

車検を受ける場合は、事前に車検を依頼するディーラーや整備工場に予約をしておく必要があります。しかし、土日は車を車検に出す人が多く、車検をお願いする整備工場の予約状況によっては1週間以上待たなければならない場合も少なくありません。また、ディーラーや民間の整備工場の場合はゴールデンウイークやお盆、年末は長期休暇のところがほとんどのため、車検が5月・8月・12月の場合は特に早めに車検の予約をしておかないと車検期限までに車検が完了しない場合もあります。車検の予約をスムーズに行うためには、日頃からしっかり車検期限を把握しておくことが何よりも大事ですが、通勤等で毎日車を利用する場合、ついつい車検を後回しにしてしまうという人も多いです。しかし、車検期限を過ぎてしまうと自賠責保険の期限が切れてしまうケースもあり、その場合は別途保険料が必要となるため、車検の予約は早めに行っておくのが鉄則です。