車検を予約する前にしておきたいこと

マイカーに乗っていれば必ず目に入る「検査標章」ですが、これは車検に通っている証でもあり次の車検への言わばカウントダウンでもあります。新車なら3年に一度、それ以降は2年に一度必ず受けなくてはならない車検ですが、どうしても忙しいなどを理由にギリギリまで後回しにしがちです。しかし早めに車検の予約をしておくと費用を抑えられたり、ギリギリになるよりも代車などをスムーズに借りられたりとメリットは沢山ある事は、実は車に詳しくない方にはあまり知られていません。そこで今回は、車検はいつから受けられるのかなどの流れも含めて説明していきます。そもそも車検の予約はいつから可能なのかと言うと、車検満了日の1ヶ月前から受ける事が可能となります。この1ヶ月の間であれば前倒しで受けたとしても、次の車検満了日は満了日から数えて2年後となるので損をする様なことはありません。

予約の際は見積もりもあるので早めの行動が大切

1ヶ月前から車検の予約ができると聞くと、結構日にち的に余裕があると思うかも知れませんが、予約時には見積もりを出す為検査をしたりする日も必要となりますので、意外と時間はかかります。予約方法としてはディーラーであっても、その他ガソリンスタンドや整備工場など車検を請け負っている業者への依頼だとしてもインターネットからの予約が主流です。保険の見積もりを出すのと同じように画面の指示通りに入力していくだけなので、誰でも簡単に予約できネットからの予約なら割引があるところも少なくありません。見積もりだけを出してもらうという事も可能なので、この時点でいくつかの場所に見積もりを出してもらい費用などを比較して決める事もできます。また車検を受けたい日の2週間前や1週間前から予約ができるので、ここで早めに予約を取る事が大切です。

車検の流れは見積もりに始まり引き渡しまで

では具体的に車検の予約もしくは問い合わせから、完了し引き渡しとなるまでの流れを説明します。初めて車検に出す方や初心者の方は流れを把握しておくようにして下さい。先ずは先述の通りインターネットや電話で予約をし、見積もりをだしてもらい金額に納得すれば受付となります。予約日当日は、自分でディーラーやその他車検取り扱い業者へ車を持ち込む場合がほとんどですが、引き取りに来てくれるところもあります。引き取り後は点検と整備が始まり、必要であれば代車を借りる事もできますが、代車にも限りがあるので希望している方は早めに予約する事をおすすめします。点検と整備の時点で修理箇所などが発生すれば追加費用が必要となる為ここでお知らせがきます。その後は車検に出され陸運支局、自動車検査登録事務所で実施されると早くて即日で完了し、点検と整備の内容など報告を受け精算し引き渡しとなります。