早めに車検を予約するとお得です

新車登録をした車の車検は初回が3年後ですが、その他の車は2年に1度受けなければなりません。車検の有効期限の1ヶ月前から行うことが可能です。車検を受けるためには、事前に予約しておくことが必要です。車検を受ける方法は、ユーザー車検と車の整備工場などに依頼をする方法がありますが、それぞれ手続き方法が異なります。ユーザー車検の場合は、インターネットか電話で予約します。電話は軽自動車のみ可能ですので、普通車の場合はインターネットからの受付になります。希望する日の2週間前から行うことが可能です。整備工場に依頼をする際には、電話またはインターネットで予約受付をしていますが、最近はインターネットからの予約が主流です。月末は混みやすい状況にありますので、早めに申し込みを行うのが安心です。

ユーザー車検を予約する方法を解説

普通車の場合はインターネットサイトからの予約のみとなります。国土交通省のサイトにある「自動車検査インターネット予約システム」にアクセスして、全国の陸運支局に予約を入れることになります。軽自動車の場合は、電話かインターネットからの予約になります。電話の場合は、各支所に直接電話を掛けて予約します。インターネットの場合は軽自動車検査協会のサイトにある「軽自動車検査予約システム」にアクセスして予約できます。最近の主流はインターネットですが、予約の前にIDやパスワードなど、アカウントの登録を行ってログインします。画面の指示に従って入力するだけですので、それ程難しくはありません。続いて、希望する検査場と日時を入力します。予約者の情報を入力して予約内容を確定すれば、予約が完了します。

整備工場などに車検の予約をする時の注意点

整備工場などに車検の予約をする場合は、電話とインターネットで行うことができます。地域やこだわりの条件を入力して業者をある程度絞り込んだ後、見積もりを依頼します。業者によってさまざまなプランを展開していますし、整備料金が異なりますので、見積もりを依頼するのは1社だけではなく、複数社に依頼するのがおすすめです。なお、大まかな見積もりはインターネット上でも可能です。見積もりが送られてきたら内容をよくチェックして、納得のいく業者に予約を行います。整備工場などの業者は、時期によってキャンペーンを行っていて割引をしてくれることがあります。また、プレゼントをもらえることもありますので、それらも含めてどこの業者にするかを選ぶと良いでしょう。予約は車検を受けたい日の2週間前から可能です。